ISO

快適な水と空気をいかに
人の暮らしへつなげていくか。
地球規模からも考えていきます。

足立工業は、水と空気、暮らしの安心を提供する企業として、厳しい品質マネジメントを責務としてきました。さらに、社員一人ひとりが高い環境マネジメント意識を備え、環境負荷軽減に取り組むことも、私たちが追求すべき品質だと考えています。

品質マネジメント

足立工業は、経営理念である「誠実・信義・協調・改革」をもとに品質方針を定め、品質マネジメントシステムを策定、遂行しています。

品質方針
当社は快適な環境の創造を目指し、顧客そして社会からの要求事項に応え、全従業員が誠意を持って高い品質を継続的に提供する事により、顧客満足の向上を図り、顧客の信頼を得る。
品質マネジメントシステム
当社は、JIS Q 9001:2008(ISO9001)(以下ISO規格という)の要求事項に従って、品質マネジメントシステムを確立し、文書化し、実施し、維持する。また、その品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善する。
品質マネジメントシステム 審査登録証

環境マネジメント

足立工業は、①PLAN ②DO ③CHECK ④ACTの4サイクルにより、あらゆる企業活動の中で地球規模の環境負荷軽減に取り組んでいます。

環境理念
足立工業株式会社は、地域に密着した企業であるために地域とともに、地球規模の環境問題に取組み環境調和型社会の実現に寄与します。
環境方針
  1. 事業活動を通じ、省資源、省エネルギーの推進、廃棄物の削減(リサイクルの促進)等により地域及び地球環境の保全に貢献します。
  2. 環境方針・環境目標を定め、その実現を図り、定期的な見直しをすることにより、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進する。
環境マネジメントシステム 審査登録証

活動サイクル

PLAN環境活動計画
  1. 毎年6月に環境管理責任者(以下管理責任者とする)は当社の1年分の環境負荷を調査する。
  2. 管理責任者は社内の各部署の責任者を招集し今年度の活動に対する有効性の評価とそれを考慮した次年度の活動計画を策定し「環境負荷削減計画書」に記入し社長の承認を得る。
    「環境負荷削減計画書」は社長の承認後、社内に周知するために掲示板に掲示する。
    各部の責任者は部内で教育を実施し社員それぞれが目標達成のために何をするべきかを認識させる。
  3. 活動計画は環境方針整合した目標を具体的な数値で表し実施後の評価がしやすいようにする。又それぞれの計画において実施責任者を選任する。
  4. 実施責任者は目標達成のために積極的に活動を行う。また、理解度の低い社員に対し指導、教育を行う。
DO環境活動計画
  1. 「環境負荷削減計画書」の通りに活動すると不具合がある場合は、実施責任者に連絡する。
  2. 実施責任者は不具合の報告を受けたら管理責任者と協議し対応策を立案し社長の承認を得て「環境負荷削減計画書」を改定し改定を社内に周知する。
CHECK点検
各計画の実施責任者は適宜、実施状況を点検し必要な場合は計画の見直しを管理責任者に進言する。管理責任者は計画の見直しが必要と判断した場合は改定案を立案し、社長の承認を得て「環境負荷削減計画書」を改定し社内に周知する。
 
ACT見直し
活動計画に戻り有効性の評価を行うことにより次年度の計画につなげる活動を行い、継続的に改善するサイクルを実施する。